FUJIWA
建設コンサルタントとは調査手法と項目会社紹介業務実績有資格者メールホーム
建設コンサルタントとは

国土交通省が定める建設コンサルタント業務は、21部門から構成されます。
 
1.河川、砂防及び海岸 11.都市計画及び地方計画
2.港湾及び空港 12.地質
3.電力土木 13.土質及び基礎
4.道 路 14.鋼構造及びコンクリート
5.鉄 道 15. トンネル
6.上水道及び工業用水道 16.施工計画、施工設備及び積算
7.下水道 17.建設環境
8.農業土木 18.機械
9.森林土木 19.水産土木
10.造園 20.電気・電子
  21.廃棄物

写真(クリックで拡大)

・技術士及びRCCM登録証

弊社は、21部門の中の“地質部門”および“土質及び基礎部門”に登録しています。  


建設コンサルタントの専門とする20部門の内容


1.河川、砂防及び海岸

治水利水計画、ダム、河川改修、河川構造物、河川砂防その他の河川に関する事項
地すべり防止に関する事項

海岸保全計画、海岸砂防、海岸堤防及び護岸その他の海岸に関する事項


2.港湾及び空港


港湾計画、外郭施設、係留施設、臨港交通施設、荷さばき施設、水域、しゅんせつその他の港湾に関する事項
空港計画、滑走路、誘導路その他の空港に関する事項

3.電力土木

電源開発計画、ダム、水路構造物(水路、沈砂池、水槽、水圧管路、門扉等)、送変電施設、取放水施設、冷却水施設、洞道その他の電力土木に関する事項

4.道 路

道路計画、道路構築、道路構造物、道路付帯施設その他の道路に関する事項

5.鉄 道

鉄道計画、線路、鉄道構造物、停車場、モノレール鉄道、鋼索鉄道その他の鉄道に関する事項

6.上水道及び工業用水道

上水道計画、工業用水道計画、取水、導水、送配水、浄水、水処理、さく井その他の上水道及び工業用水道に関する事項

7.下水道

下水道計画、下水渠、下水処理、廃水処理その他の下水道に関する事項

8.農業土木

かんがい排水、圃場整備、農村整備、農用地開発、干拓、農地保全その他の農業土木に関する事項

9.森林土木

治山、林道、森林環境保全その他の森林土木に関する事項

10.造 園

都市及び地方計画で造園部門に関する事項

11.都市計画及び地方計画

都市構成、土地利用、都市交通施設、公園緑地、区画整理その他の都市及び地方計画に関する事項


12.地 質


土木地質(線路、ダム、トンネル、基礎地盤等)、鉱山地質、防災地質、水理地質、地熱及び温泉その他の応用地質に関する事項
物理探査、科学探査、試すいその他の探査技術に関する事項


13.土質及び基礎


土質並びに土構造物及び基礎に関する事項

 


14.鋼構造及びコンクリート


鉄骨構造、鉄筋コンクリート構造、コンクリート構造、セメント製品その他の鋼構造及びにコンクリートに関する事項

15.トンネル

トンネル計画、換気、潜函工法、シールド工法、沈理工法その他のトンネルに関する事項

16.施工計画、施工設備及び積算

施工計画、施工管理、施工設備、施工機械その他の施工に関する事項
施工方法、仮設計画及び工程計画に基づいた積算及び工事原価管理に関する事項

17.建設環境

建設事業における自然環境及び生活環境の保全及び創出並びに環境影響評価に関する事項

18.機械

ポンプ、圧縮機、送風機その他の流体機械に関する事項
土木機械、コンクリート機械、舗装機械、作業船、さく岩機、破砕機、コールカッタ、選炭機、クレーン、コンベヤ、エレベータ、フォークリフト、策道その他の建設、鉱山、荷役及び運搬機械に関する事項

19.水産土木

漁場計画、漁港構造物、沿岸漁場計画、沿岸漁場構造物その他の水産土木に関する事項

20.電気・電子

道路、河川、下水道等の各事業における電気通信に関する調査、企画、立案、工事の設計、管理などに関する事項

21.廃棄物

廃棄物処理計画に関する調査、企画、立案、環境影響評価若しくは助言又は廃棄物処理施設に関する工事の設計・管理その他の廃棄物に関する事項


建設コンサルタントとは調査手法と項目会社紹介業務実績有資格者メールホーム