FUJIWA
ジオフォーラム2007in 静岡
地質リスク−地質断面図を例にして−
株式会社富士和沼津支店
小柳津篤(理学博士)

本発表では、地質リスクってなんだろうか?地質断面図を例にしたリスク軽減の提案を行いたいと思います。

(1)地質調査の目的
・構造物を造る(土木や建築)。
・水資源や特定元素を採取する(井戸や温泉、鉱床)。
→これらに必要な金額を求める。
それぞれに調査・設計・施工の段取りがあります。

(2)リスクとは何を指すのか?また、リスクはどこで発生するのか?
・調査に起因するもの
・設計に起因するもの
・施工に起因するもの

調査段階の成果品ですが、柱状図や地盤定数、地質推定断面図などが挙げられます。ここでは、地質推定断面図でのリスクを発表したいと思います。

地質調査業務中に、絶対的な地質情報量の不足にも関わらず、断面図の作成を求められることがあります。
例)ボーリング数本から10数断面作成や、ボーリング箇所以外での断面図作成など。
こういった場合には、作成者間で断面図の相違が生じることがあります。
では、断面図作成の流れは、どのようなものか次に示します。

断面図の作成は、以下の手法で行われます。
@情報の収集
これは地質情報(ボーリングやサウンディング、簡易動的コーン貫入試験、物理探査、踏査)や地形情報の収集です。

A地質平面図の作成
これらの手法によって集めた地形・地質情報を平面図として作成します。
平面図作成時には、下位の地盤から分布図を描いていきます(古い事象→新しい事象)。

B断面図作成線の設定
調査目的にあった断面図作成線の設定。

C断面図の作成

といったこれだけの流れです。このことから、もし同じ情報量が与えられたなら、@→Aの間で、断面図が大きく左右されることがわかります。
そこで、地質情報の相違が断面図にどのように反映されるのかを本発表の内容として、検討しました。

断面図は、以下の2 つ(沖積平野部と山麓部)で、作成者間における相違の程度が大きく異なります。

(1)地層の連続性が良く、地盤の工学的特性が比較的均質な場合
→沖積平野の例縄文時代の海進により内陸部に堆積した海成層や陸成層。海退により、平野部の表層地盤を構成する。
地層の側方連続性が良く、断面図の作成は比較的容易。

(2)地層の連続性が悪く、工学的特性が不均質な場合
→山麓の例
縄文時代以前〜以降の陸成層。山麓部の表層地盤を構成する。
浸食・堆積が局所的に発生するため、地層の側方連続性が悪く、断面図の作成はしばしば困難。

地質リスク−地質断面図を例にして−(2)へ

株式会社 富士和
〒422−8055 静岡県静岡市駿河区寿町12番43号
TEL.054-287-7070 FAX.054-287-3930