FUJIWA
ジオフォーラム2007in 静岡
地質リスク−地質断面図を例にして−
株式会社富士和沼津支店
小柳津篤(理学博士)


周辺踏査に基づいて、調査地ではこのような地質履歴モデルを作成しました。
調査地の基盤となっているのは、愛鷹山を構成する凝灰岩類です。この上にローム(火山灰)が分布しています。
この後、調査地を流下する河川により、ロームが浸食され、浸食された河川流路(凹地)に上流から運搬された玉石や砂礫が堆積した・・・・というものです。
以下に柱状図、補足調査を足したもの、地質履歴を伝えたものを順に示します。

@柱状図(土質記号・N値のみ)
これは、柱状図のみの場合です。左側の凝灰岩と右側の玉石混じり砂礫の境界に注目してみると、柱状図のみの場合は、このような位置にあります。
次に示すのが、補足調査を加えた断面図です。

A補足調査の付与
ここでも補足調査として簡易動的コーン貫入試験実施しましたが、これは、玉石混じり砂礫とロームの分布境界を想定すること目的としました。
その結果、盛土直下での両者の分布境界がより正確になりました(上の断面図)。

B履歴(発達史)の付与
最後に地質履歴を伝えたものがこれになります(上の断面図)。

@柱状図(土質記号・N値のみ)
もう一例、同じ愛鷹山麓の断面を示します。こちらは、女性事務員に作成して頂いたものです。
これは、柱状図のみの場合です。

地質リスク−地質断面図を例にして−(6)へ

株式会社 富士和
〒422−8055 静岡県静岡市駿河区寿町12番43号
TEL.054-287-7070 FAX.054-287-3930