FUJIWA
建設コンサルタントとは調査手法と項目会社紹介業務実績有資格者メールホーム
調査手法と項目

各段階の調査の主な手法と項目


建設
段階
構想−計画−調査−設計−施工−維持管理
調査
段階
資料調査 現地踏査 概略調査 詳細調査 補足調査 施工管理調査 維持管理調査
調





資料収集
資料整理解析
地表地質踏査
聞込み調査
井戸調査
サウンディング
ボーリング
サウンディング
弾性波探査
電気探査
サンプリング
室内試験
ボーリング
サンプリング
原位置試験
物理検層
室内試験
現場揚水試験
動的特性調査
材料試験
水質試験
ボーリング
サンプリング
原位置試験
物理検層
平板戴荷試験
杭試験
施工試験
地下水シミュレーション
動態観測
施工試験
地下水観測
水質観測
騒音、振動測定
地盤変位観測
構造物変状観測
地下水観測
現地視察
調





概略の地形
概略の地質
周辺の自然および社会環境の概観
概略の水文・気象条件
既住地盤災害の把握
地形解析
概略の地質
周辺の自然および社会環境の確認
軟弱地盤の分布状況
地すべり、地震等既住地盤災害の把握
以後の調査地点の選定
地質構造
土層の分布状態(特に軟弱地盤の分布状態)
代表的土層の土質的性質
地下水分布状況
設計施工上の問題点
詳細な地質構造と土層の分布状態
各層の詳細な工学的性質(強度、変形、圧密、透水性など)
帯水層の性状
地盤の地震時挙動
材料土の適性
設計施工上の問題点

詳細調査の補足
設計用数値の決定、確認
施工時の問題点

地表、地中沈下
地表側方変位
地中側方変位
間隙水圧
地下水位、水質
周辺構造物の変位(仮説、山留めの応力、変形、土圧)
施工後の構造物の変状
周辺地盤の変位変状
周辺構造物への影響
自然環境への影響



解析項目と調査方法および求められる地盤情報

調査方法(種類) 求められる地盤情報
地層構成を求めるための調査方法
地震探査 地震波の走時曲線(地層構成の推定、各層の地震波速度)
その他の物理探査 音波探査(海底地盤の推定)電気探査(地下水情報)
物理検層 速度検層(P波速度から地層推定)など
ボーリングとN値 典型的調査方法でN値と試料の肉眼観察による
スウェーデン式サウンディング 沈下量1m当たりの半回転数(強度を推定)
その他のサウンディング ポータブルコーン、ダッチコーンなどがある(強度の推定)
地盤の物理特性を求めるための室内土質試験
粒度分析試験 粒径加積曲線、平均粒径、均等係数など
自然含水量試験 含水比(強度、圧縮性などを推定)
液性限界、塑性限界 液性限界、塑性限界、塑性指数(圧縮性や強度の推定)
その他の物理試験 土粒子の比重、収縮限界など
変形(沈下)解析のための調査方法
圧密試験 圧密降伏圧力、圧縮指数、体積圧縮率、圧密係数
孔内横方向戴荷試験 変形係数、降伏圧力
平板戴荷試験 降伏圧力、ばね定数(変形係数)
一軸、三軸圧縮試験 変形係数E 50
貫入試験 (砂地盤などではN値から直接沈下量を推定する)
支持力解析のための調査方法
標準貫入試験(N値) N値(内部摩擦角や支持力を推定)
ダッチコーンその他 貫入抵抗(粘着力=0.1×貫入抵抗)
ベーン試験 せん断強さ
孔内横方向戴荷試験 初期圧、降伏圧、極限圧
平板戴荷試験 降伏圧、破壊圧
一軸圧縮試験 粘着力
三軸圧縮試験 粒着力、内部摩擦角、圧密による強度増加率
地中応力(鉛直全応力=単体重量×深さ、有効応力=全応力−間隙水圧)
単体重量測定 乱さない試料を採取して実測する(土かぶり圧を求める)
密度検層 ガンマ線の散乱強度を測定し単体重量を推定する
間隙水圧測定 通常、電気変換機などで測定し有効応力を求める
水平土圧測定 鉛直及び水平有功圧力静止土圧係数Koを求める
地震時の安定解析のための調査方法
PS検層 P波とS波の伝播速度(せん断定数、ポアソン比)
振動三軸試験 地震応答計算のための変形係数とせん断ひずみ関係
地震応答計算のための減衰比とせん断ひずみ関係
応力比と液状化するに要する繰り返しせん断回数
相対密度Dr 乱さない試料からe 実測、EmaxEmin 試験・・・Dr
常時微動測定 地盤の卓越周期と増幅率
地下水についての解析のための調査方法
室内透水試験 透水係数
揚水試験 透水係数
その他 水文調査
その他
腐食性調査 コロージョンサウンディングなどで鋼材の腐食率
水質調査 pH 試験、有害物含有率分析
透気性など 透気係数、酸素濃度(圧気シールドなどで必要)
公害測定 振動公害測定、騒音公害測定

建設コンサルタントとは調査手法と項目会社紹介業務実績有資格者メールホーム